読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での保活記録(2016年入園)、子育て、ドラマなどなど一応東大なミーハーSEが綴っています

星野源 in スマステ&徹子の部屋

夜、子供を寝かしつけてひさびさ一気見。
最近は感想書くの下手さに心折れかけてたけどマイペースに綴りたいと思います。余談多めです(^^;)

1) SmaSTATION!!

レコーダーの録画済リストに無く、「あれ?とれてない!?」と思ったら、夫が「間違って外付けハードに移動してしまった」との事。

夫は「鉄道」というアホなワードでキーワード録画しています。すごい勢いでレコーダーの残量が無くなる・・・。残量ゼロになって自分が見たかったものを観れなかった私が怒るのを回避する為、「鉄道」ものを外付けハードにちょくちょく移動しており、今回も「名前的に鉄道かと思って」移したとのこと・・・危ない。てかアホか。確かにSTATIONだけどさ。

感想つぶやき:

香取慎吾を久々に観た。こんな話し方だったっけ。
・LIFEのポーズ楽しそう。
・なんとなく、埼玉って結構広くて埼玉県民の人は「埼玉」愛というよりその中でも自分の地元に愛着があるイメージだった。改めて見ると広いなぁ。なんだかんだ東京から距離あるな。。(ごめんなさい。)
・あんなに沢山食べて、お腹壊さないだろうか(笑) 一個一個おいしそうにニコニコ食べる人っていい人に見える・・・。「から揚げすいません」って食べ物を大事にしているところなど好感。
星野源目当てで観ていたけど、はまぐりのラーメンとか温泉とかすごく行きたくなってしまった。純烈は…まだいいや^^;
・「隠し子」笑ってしまった。生テレビのよさ!楽しそうに話している感じがすごくよかった。
・忙しいはずなのにもう「いのちの車窓から」を読んでいる慎吾ちゃん・・・!なんだろう、ありがとう(?)

2) 徹子の部屋

実は私、偶然徹子さんを見かけた事があります。

2年前、諸事情で少し遅い時間の新大阪→東京への新幹線のグリーン車に乗る機会がありました。

新幹線のホームで待っていたらそばに黒い背広の上品そうな男性が沢山いて、いったい何だろうと思っていたら、彼らに囲まれて明らかに一般ピープルではない、独特な雰囲気の老婦人が。髪はおかっぱでしたが、あれはもしや・・・と車内で夫と話してたところ、東京駅に着いてからたまたま距離が近い瞬間があり、話している声が聞こえて間違いありませんでした。なんのアクションもできなかったけど、すれ違えただけでラッキー🎵でした。

さておき感想つぶやき:

・徹子さんが話すと、なぜかほのぼのおかしみを感じてしまう。今回結構掘り下げているなぁ、と思ったけど、これを毎日している徹子さんとスタッフがほんとにすごい。
・普段レディスアデランスの長いCMとか見ないので、新鮮。。
・徹子さんは「日本のマリリンモンロー」(笑)  だっけ。マリリンが長生きしてたらこんな慈母のような雰囲気になったのだろうか。
星野源が最近ラジオで「TVでもどこでも、できるだけ『普通』でいたいと思っている」と話していたけど、観客がいる感じがしない、すごくいい感じの空気感だなと思った。
・最近「星野源雑談集」を少しずつ読み進めたりラジオをなんとか聞いて思う星野源のすごいな、と思うところは、「好き」と思う対象が多くてそれぞれ本当に「好き」で深くリスペクトしている事(でなきゃあそこまでマニアに雄弁に話せまい)。そしてその対象が先達というか結構シニアな人も多いという事(細野晴臣タモリクレイジーキャッツ伊丹十三・・・)。それってなかなかすごい事ではないか。

自分が若干「上」の人に対して生意気すぎるのかもしれないな・・・と、つい己を鑑みてしまうのでした。

脱線しましたが、TV観てて「若手が大御所を心にもなくおだててるな」と感じてしまう瞬間があるけど、星野源はそういうのが無いな~、ほんと好きなんだな〜と思う。

時々、も少し毒な部分も見たいと思うけど。特に若い頃の文章にはちょくちょくあったけど、大病して何かが大きく変わったのかも知れない。

脱線ついでですが、見聞きして思うのは、ファンの目をずっと持ち続けていたりお笑いが好きだけに、客観視できていて、「こう言う事をしたら嘘になる」とか、「こういう事したらくすぐられる」というのも分かるんだろうなぁという事です。

・あ、思えば星野源が敬愛している人達って、みんな「すごいのに偉そうじゃない」人ばかりだな。
・長生き して欲しい、という歌声が聞こえてくる・・・。
・徹子さんが「自分の好きな事をするのが長生きの秘訣」というとすごく説得力がある。
・生きたくても生きられなかった人、という言葉を聞いてつい、悲しい思い出を思い出してしまった。
・2人が生と死について話しているのを見て、最近息子の心配ばかりして自分が死ぬ事をあまり考えていなかったけど死ぬの怖いな、まだ生きてたいな、と思いました。

がっつりフォローするのは完全に諦めているけどマイペースに、二度目の逃げ恥とか細々観られますように。。最近、録画視聴すると「トーマスにしろ」的空気を醸し出してくるようになったけど、息子さんの心のテリトリーに星野源のミュージックビデオを入れてもらえるだろうか・・・。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村 テレビブログへ