育児 保活 子育て ワーキングマザー 品川区 SE
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での保活記録(2016年入園)、子育て、ドラマなどなど一応東大なミーハーSEが綴っています

タラレバ娘の設定にもやもやして観ようかどうか迷っているうちに最終回の件

タラレバ娘には引っかかる点が大きく2点あって、初回だけ観てその後観るかどうか迷っている・・・とか言っているうちに最終回を迎えてしまった。

引っかかる事その1
ヒロイン倫子が原作では「以前は売れていたけど今落ち目」という設定だったのに対し、ドラマでは「ずっと売れない脚本家」という設定だった事。

一度売れてたからこそ若いマミちゃんに仕事奪われるのがきついんだし、仕事放棄しかけている姿は情けない。売れてたからこそ読者も一目置いていた部分があるのでは。ずっと売れてない、とでは全然違うと思う。

引っかかる事その2
よく話題に上ったけど、3人が33ではなく30だという事。
全然違ーう!
と、30と34両方で婚活した私はゴリ並みに叫んでしまった。心の中で。
私は昔から結婚願望&子ども願望が強かったので、33で相手がいないという状態の時、「このままだと高齢出産・・・っていうか、それ以前に相手見つからないかも?私一生結婚は無理では」っていうのがリアルに感じられてすごく辛くて、大げさでなく毎日寝る前不安な気持ちになってました。今から思えば33なんて全然若いんだけど。
(そんなモヤモヤドロドロの記)
tonarinotororodesu.hatenablog.com

なんだかんだ30の時は、確かに「30過ぎてしまった・・・」というインパクトはあったけど、周りだってそこまで結婚してないし焦りつつどこか「まぁいいか」と思えてしまった(ので、仕事も忙しいしと婚活もやめてしまった)。

原作者もその辺分かっているからこそ33て設定にしたんだと思うんだけど、なんでドラマ化するとき下げちゃったんだね。甘くない?
吉高由里子は嫌いではないけどまだピチピチ感がどうしてもあって、あのリアリティが感じにくい。水川あさみ前田愛とシシドカフカではダメですか。

・・・とかなんとか思ってしまってどうも見る気がせず。
実は、すごく意味があって30にしてて、ちゃんと見たら「なるほど」と思えるんだろうか・・・と思いつつ、カルテットすらなかなか観られなかったし星野源オールナイトニッポンを早く聞きたいし、とかなんとかでそのままでおります。。

まぁ、とかなんとか言って原作読んで一番思ったのは「あなたの恋愛はどうでもいいから仕事をちゃんとやってくれ」という事でした。

結婚てなんなんでしょうね。。願望ある人にとっては死活問題で呪縛から逃れたいものだったけど、どうでもいい人にとってはほんとどうでもいいっていう。

余談に、狭~い範囲ですが、私の周囲(高校・大学・会社)で見た限りのリアルはこんな感じでした。

・男の方がさくさく結婚してる
・自分よりちょっと上~自分よりちょっと下の年齢、端的にアラフォーでは、定収入あり見た目も悪くなくて結婚していない女性は沢山いる。結婚願望は多分あったりなかったり。向こうから言われない限りこちらからは聞かないので分からない。
・なので体感的にはひらまささんよりひらまさこさんの方が多い
・ある程度上の年齢で結婚していない、ゆりちゃん、ゆりおさんもそれなりにいる。子どもの体調不良で休む時「気にしないで、家庭を大事に」的なことを優しく言われてじんとしてしまう。。
・周囲の結婚の波は20代後半、30代前半、そして自分含め35周辺。割合的には同じ位。自分含め35歳以上で第一子を出産した人は3割位かな。。
・自分をふりかえっても、周りを見ても、35周辺になると、結婚したいと思ったらある程度自分からアクションを起こす必要があった(待ってても、来ない。起こらない)。 
・そんな「先輩」を見ているせいか否か、後輩女子は結構結婚早い
・・・・等等というのは主に東京の話で、東京以外の人は結婚早い。関西の同期は概ね早かった。

どこもこんな感じなのかなー。変わってるのかなー。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

広告を非表示にする