育児 保活 子育て ワーキングマザー 品川区 SE
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での保活記録(2016年入園)、子育て、ドラマなどなど一応東大なミーハーSEが綴っています

0歳4月から保育園に入れたかった理由

子育て 保活 自分について・思うこと

世の中には「そんな小さいうちから子どもを預けるなんてかわいそう」と批判的な人もいるようです。こんな記事を読むと、そういう人多いのかな。
news.mynavi.jp
まぁ、ネット上でそういう事言う人に関しては本当に心配してくれているというよりちょっとマウンティングしたいだけな気が。。

さて、我が家が0歳児入園を目指したのは、ロジカルには妊娠報告していの一番に母に言われたように「でないと保育園に入れる可能性が低くなるから」でした。

ただ、心情的に一番の理由はそこではなく、つきつめていくと
「自分達だけで子育てするのが不安だったから」
「いろんな人に助けてもらいながら子育てしたかったから」
な気がします。

夫婦とも子どもと触れ合わない生活を送ってきたので「0歳」と「1歳」がどう違うのかもイメージできませんでした。いくらネットが発達しているといっても自分達だけでどうにかなる気がしない。

友達は分散して離れて住んでいるし、引っ越したばかりで品川にそれほど知り合いもいない。保育園に入れば同じクラスの親同士の「子育てコミュニティ」に入れるし、ベテランの先生に時には相談させてもらえるのでは? という思いが原動力でした。小さい頃社宅に住んでいたけど今思えばそういう機能を持っていたのかも。

保育園に入ってからまさに思い描いていた状況で「本当に入れてよかった・・・」と思います。

更に、入る時にそこまで想像していなかったですが、息子がとにかく楽しそうなのが「よかった」と思える、今となっては一番の理由です。0歳・1歳でも他の子とコミュニケーションを取り合ってる姿を見て子どもってこんなに小さくてもこんな風にできるんだな、と日々本当に驚いてばかりです。あと、沢山風邪も引いたけど、ものすごく体が強くなった気がします。もちろん個人差というより個性は様々ですが。

ただ、本当はもっと子どもと濃密な時間を過ごしたいのに、会社の育休期間が短いからとか保育園に入れないからとかで望まずして早い段階で預けている人は、本当にかわいそうだと思います。子どもより、親が大事・・・じゃなくてかわいそう。

いっそ育休が4年とか取れるようになったら、そういう人がもっと休めていいんじゃないだろうか。浦島太郎になるとか、財政どうするんだとか課題はいろいろあるにせよ、それでやむを得ずとなるよりはお互いよいのではないだろうか。

さておき、女性活躍とか管理職増やそうとか色々言われていますが、仮に今より責任のあるポジションになってお給料アップするけど家に全然帰れない生活と現状維持で息子との時間をなんとかとれる今の生活だったら、個人的には後者でいきたいなぁと思う今日この頃です(そんな話はないけど)。きっと小学校入ったら構ってくれなくなるし。

許されるなら仕事に行かずにこっそり保育園や公園の物陰に隠れて息子の様子をずーっと眺めていたい。。(許されない。)
カルテットで別所さんが「みんなが向上心持ってなくていい」って言っているのを聞いて、「ほんとうにそう」と思ったのでした。
にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

広告を非表示にする