読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での保活記録(2016年入園)、子育て、ドラマなどなど一応東大なミーハーSEが綴っています

追記

つらつら書いていましたが、色々情報を読むとあまり備えができていなかった・・・。
www.kantei.go.jp
sumakoko.com
慌てて必要な事をevernoteにメモしたけど、災害時にスマホの電池が切れる事も想定して一、二枚紙に必要な事をまとめておいた方がいいかも。(夫の電話番号とか、そういえば覚えてない。。)

ちなみに息子の保育園では緊急時用伝言板があります。たぶん震災の影響。

震災以降、よく、「寄り添う」という言葉が使われていますが自分にはなんとなく違和感がありました。
大切なものをなくした人にそんな簡単に寄り添えるとは思えない。自分がその立場だとして寄り添われたいかも想像できない。知らない人に、遠くから。
一方で、「教訓」としてだけ震災の事を考えるのもかなり違和感があります。

ただせめて、特に子どもが震災が無ければ得られたであろう教育を受けられない・・・という事が無いようにしたい、という思いはあり、とあるNPO団体に少しずつ毎月寄付しています(むろん自動引き落とし)。高須クリニックの院長やエガちゃんみたいな事はなかなかできないけれど。

息子が大きくなったら、迷惑でない範囲というかそういう語り部ツアー的なものに連れていきたいなと思います。

震災に限らずですが、自分で考えて感じて過去から学ばないと(震災はまだ過去という感じはしないけど、息子にとっては生まれる前の事なので)、物事を正しく理解できず誰かの扇情的で気持ちのいい言動に簡単に染まってまた同じ過ちをくりかえしたり、取り返しがつかない事になるような気がします。時々自分でも怖くなる事があります。

(こんどこそ以上です。。)