品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での保活記録(2016年入園)、子育て、ドラマなどなど一応東大なミーハーSEが綴っています

自分と受験の話 -4. 就職試験

閑話休題? ですが、私はたまにこういう長~い記事を書いた際(だいたい休日のお昼寝タイムか夜)は、「ながっ」と思って小分けにして1,2,3...と番号つけて、間を置きながら公開(主に通勤時間帯)しているのですが、間を置いている間に「なんか違う・・・」と悩んだりもします。
 
そうこうしているうちに、平日の夜は仕事→夜泣き→寝かしつけて自分も寝落ち、のコンボであっという間に過ぎるという、そんな日々。。
 
---
 
大学に入学した時、「ひとまず一人で頑張る事ができたから、今度は団体の中で頑張ってみようかな」と思っていました。高校生の時ネガティブ&人見知りだったので。。
 
なんとなく勧誘されて入った部活が楽しくて完全にはまってしまいました。ちなみに東大では「体育会」と言わず「運動会」と言います。ヘンなの・・・。
 
運動は苦手だったけどそれでも頑張れば上達するし時には試合に勝てる事もあり。下手なくせに負けたり下手と言われると悔しくひたすら練習していました。授業は、あまり。。。(ここはちと後悔。)
 
将来については入学時点で「法曹の道には行かない」事だけ決めていて、「あとは入って勉強していく中で考えればいいや」と思っていました。
 
部活の中で、入った時にはあまり上手でない子でもよい環境の中で頑張って見違えるように伸びていく・・・というのを何度も目にしました。「人が育つには環境が大事なのだな」と実感するようになり、「人が育つような社会づくり」につながる仕事ができないか、と考えるようになりました。(部活でかよ!って気もしますが。)
 
当時だんだん「ネット」が流行るようになってきて、「これがあれば"格差"の解消につながるんじゃないか」とおぼろげに思い、かなり惹かれていました。htmlの本買って部活のホームページ作ったり・・・。
 
また、私の母は結婚する前は働いていて結婚と同時に専業主婦になっていましたが、父が早くに亡くなったので再就職して働いて私やきょうだいを育ててくれていました。
 
母は資格を持っていたので比較的再就職しやすかったですが、持っていなかったらどうなっていただろう・・・と思うと、「親の状況に関わらず子どもが教育を受けられるようにしたい」とも思いました。
(その状況で高三の時にTVばっかり観ていた自分はほんといかがなもんかと今更反省。。。ダウンタウン、面白かったの。。)
 
さらに、父の事で「人生何が起きるか分からない」と骨身に染みていたので、「とにかく一人で生きているようにきっちりした職につかねば」とずっと考えていました。
 
そんなこんなで行きついた先が「公務員になろう」でした。
部活は部活でがっっつり最後までやったあと、引退してから猛勉強して公務員試験を受けました。が、学科の方はどうにかなったけど官庁訪問では残れず二次(論文と面接)がボロボロで、あっさりと落ちてしまいました。
 
メンタルどん底状態で秋採用目指して就活しましたが、当時は秋採用やっているところは少ない上、銀行とか法学部感あるところは全く受からず青ざめていました。。なんとか内定式の2週間前に今の会社(IT系)から内定もらいました。
 
今思えば見通し大甘ちゃんだし視野がとにかく狭いし無駄に崖っぷちに立ってると思うけど、過去なんでしょうがない。。😓
 
(あともう少し?続く…)