育児 保活 子育て ワーキングマザー 品川区 SE
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での保活記録(2016年入園)、子育て、ドラマなどなど一応東大なミーハーSEが綴っています

自分と受験の話 -2. 大学受験 前編

自分について・思うこと 長編

3) 大学受験
現役の時は、あっさり落ちました。
ダウンタウンに夢中でダウンタウンの番組ばかり観てて、これまた何やってんだかです。


浪人して、さすがにここで頑張らなかったら一生後悔する、と思ってテレビは一切断ってひたすら勉強していました。すごくダサいトレーナーを着て予備校に通い、予備校カップルを見たら一瞬呪い(ずっと呪える心の余裕は無し)、一心不乱。
と言いつつ夏休みに従兄弟からもらった「ろくでなしブルース」はこっそり全巻読んでしまった。。


さておき、高校受験の時の「ちゃんとしなかった」という思いから今度は数学を基礎から真面目に、考えながらやってみました。そうしたら「そういう事だったのか…!」という瞬間が多々あって、楽しくなってきました。


ただ、やはりその中で自分の限界というか能力的に欠けている部分も見えてきて(空間図形がイメージできなかった)、学部はもともと「社会科学系」にしようと思っていたけど高度な数学が必要になるであろう「経済」ではなく「法学」にする事にしました。

英語も、分かっているつもりでいたけどある段階から頭打ちになったところで「英語構文」から勉強し直すとこれまた「そういう事だったのか!」という感覚で読めるようになってきました。(これ書いてて、だがしかし今はと胸痛しです。)


世界史もまた、一旦年代を全部暗記すると(今は3歩歩いたら忘れるけど若い頃は記憶力がよかった)時系列で流れが掴めるようになり、面白くて受験で必要な以上に本読んだりするようになりました。


現役の時は学校の勉強(必ずしも受験とリンクしてない)と受験勉強をどう両立させればともがいてましたが、予備校での勉強は受験一直線でそういう意味では集中できてよかったのかも。


そんな感じで「今度は受かる」と思って臨んだ東大前期ですが、またしても落ちてしまいました。3月10日に掲示板を見た時の絶望感はいまだに忘れられません。自分の前後の末尾6と8の人は受かっていた事まで覚えています。。


社会人になってからもしばらく、合格発表見に来たら掲示板が沢山あって、どの板にも番号がない…という夢をしばし見ていました。

(続く)

広告を非表示にする