育児 保活 子育て ワーキングマザー 品川区 SE
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での保活記録(2016年入園)、子育て、ドラマなどなど一応東大なミーハーSEが綴っています

くすぶり

保活

離婚以外のあらゆる手を尽くして、友人が認可保育園の承諾通知を得る事ができました。
よかったね、と言いつつ「心がすさむ。ほんとに辛い。」という言葉が辛い。
彼女が某区で保育園全滅して引っ越しをした時、「〇〇区なんかに住んだ自分達がいけないんだけどさ」と言っていたのが忘れがたいです。全然悪くないのに。

私は、いざとなったら(可能ならば)「保育園入れてくれないなら私達を受け入れてくれるところに行ってやるわよ」という感じで引っ越すのはアリだと思っています。その地に留まって戦う方が「正しい」かも知れないけどそれで復職できなくなるのはきつい。腹立たしいし全然ベストじゃないけどDeadよりはBetterだから。それに、その結果子育て世帯が減って困った自治体がなんとかしなきゃ、ってアクションを起こす・・・かもしれないという淡い期待も。

でも、「そんなところに住むのが悪い。引っ越せばいい」とかわざわざ発言する人は意味不明。。何を高みの見物でマウンティングしてくるんだろうって思います。あなたちっとも困ってないでしょ、何の役にも立たないので黙ってて欲しい。

もひとつ、待機児童問題が話題になるとよく出てくる
「そもそも母親が働かなくて済む世の中にしないといけない」的発言にもつい過剰に反応してしまいます。

なんでだろうと因数分解してみたのですが、
・女性はできれば外で働かずみんな専業主婦になりたいと思ってる、と思ってる
・母親になった女性が働かなくても世の中回る、影響ない(つまりそれほどの、価値がない)
・育児=母親がするものという考え方
・これまでの「働き方」があるべき姿と思っている
・専業主婦の家事労働も実は軽く見てる?

・・・等等が凝縮されていると感じるからなんだな、と思いました。そこまで考えてるわけではないと思うけど。
勿論、本当は外に出たくないのに仕方なく働いている方も沢山いるとは思うけど「みんながそう」とか「こういうのが本来あるべき」って言われるのが苦痛なのかなぁ。いろんな生き方があるのに、とついついピリってしてしまいます。

自分の周りでそういう事言う人はいないので実生活で特にいやな気分になる事はないです(^^;)
ひとまず今恩義を感じている品川区と職場(子育てに手厚い)には返していきたい、少なくともマイナスになるような事はしないどこ、と思います。

広告を非表示にする