品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での保活記録(2016年入園)、子育て、ドラマなどなど一応東大なミーハーSEが綴っています

自分の話(暗いかも?)と逃げ恥少し 前編

本当は逃げ恥の感想を書こう!と思っていたのですが、バックボーンの話が長くなってきたのでタイトル変えました。。すみません、自分の話。
 
プロフィールでも簡単に書いていますが私はむかし東大を卒業しました。と、書こうか迷ってたのですが、それ故に悩んだ事や今誰かを励ましたい気持ちの背景として無いと伝わりにくい気がしたので、えいやでとりあえず書いてみました。
 
遡って小中学生の時は転校多くて弱気でぽっちゃり、と色々揃ってたせいかまーよくいじめられていました(もっとも小学生の時一回いじめに乗っかる側に回ってしまった事があり、記憶としてはそちらの方が消したい感じですが・・・)。ただ、「それでも私は勉強という取り柄がある」というのが大げさに言うと心の支えでした。あと、小6の時の先生がすごくいい先生でその時は本当に楽しかったです。
 
高校でいわゆる進学校に入学したところ「勉強できてしかもかわいい都会的」な女子がこの世に沢山いる事を知り、成績も特によくなくなり、「取り柄」が無くなって自分はダメなとこしかない気分になり打ちのめされてしまいました・・・。せっかく共学だったけど男子とほとんど話さなかったな。。
 
自分を嫌い親を逆恨み、なんだか暗い高校生活を送っていましたが、高三になるとき偶然TVで観たダウンタウンにはまり、ダウンタウンが出る番組は全部録画して繰り返し見ていました (ごっつにガキの使いHEY!HEY!HEY!・・・)。受験生がやることではなく、当然現役での大学受験は失敗に終わりました。さすがにこのままだと人生後悔すると思ってTVは絶って必死で受験勉強しました。気づくの遅いわ。
 
浪人の時の心の燃料といえば「自分を馬鹿にした同級生たちを見返してやる」という、向上心とはとても言えないドロドロした思いでした。誰もそんな事考えているわけもなく、ただの被害妄想。。勉強は確かに好きだったけど、純粋な向上心だけではあんなに頑張れなかったな。。
 
なんとか東大に受かって、「とりあえず努力する事ができた」という自信をやっと持つ事ができました。そして、「せっかくだから今度は団体の中で頑張ってみよう」と運動部に入り、勉強はろくすっぽせず部活三昧の学生生活を送りました。運動は苦手なので挫折も多かったけど、ものすごく楽しかったです。
 
就職を考えるようになって国家公務員を目指して再び猛勉強したものの残念ながら落ち、崖っぷちでこれまた必死に就活して今の会社に内定をもらいました。IT系にしたのは「世の中のインフラを作る」仕事がしたいと思ったのと、手に職をつけて一生働きたいと思っていたから。ほんとに手に職できたかは、はてさて。
 
そんな感じで社会に出る頃には私の自尊感情はややましになってきたのですが、また落ち込む日々がやってきます。(続く)