読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

品川で子育てしているSEのゆるゆる芋づる式日記

品川区での保活記録(2016年入園)、子育て、ドラマなどなど一応東大なミーハーSEが綴っています

苦手な家事

今日は、

・3週間前に買ったユニクロのカーディガンのポケットのしつけ糸がつけっぱなしな事に会社で気づく

・昨日いつもと違うカバンで自転車に乗ったら鍵をそっちに入れっぱなしでエルゴ帰り決定、さらに息子が保育園でおねしょしちゃってたのでシーツやバスタオルで保育園バッグがパンパン

・うっかり息子のスプーンを落とした事に気づかずディスポーザーにかけてしまい、柄が欠けた

・「海野つなみサイン会」きれいに落ちた(私の直後4人連続当選。。)

・もちろん星野源の横アリ2daysもきれいに撃沈

という感じで前世の徳をもっと積んでおけばよかったと思う一日でした。

 

保育園帰り、気の毒に思ったママ友さんが私のカバンも自分の自転車のカゴに入れてくれた上、一緒に歩いて私の家まで運んでくれました・・・(TT)

 

話は変わりますが、私は料理が苦手です。単純に低い経験値・雑な性格・コンビニやインスタントで満足できる体が原因と思われます。が、そろそろ体の事を考えて野菜を多めに摂取したいし、子どもの為にもこのままではまずい・・・という訳で訓練のつもりでなんとかやってます。

ちょっとずつ、苦手なりの、というより苦手ゆえの課題→解決策のセットがたまってきたので綴ってみたいと思います。料理が得意な方は末尾のリンクのみ楽しんでいただければ幸いです。


1.火加減が苦手 → テクノロジーを頼る。
うちは「ビストロ」使っていますが、サンマ、鶏の照り焼き、グラタン、ハンバーグ・・・どれもすごくいい感じに焼けます。火が通っててジューシー。焼きスキルはつかないけど、もういいや。。

 

2. 細かく切れない → やはりクノロジーを頼る。
フードプロセッサーで離乳食も肉団子もニンジンのなますもオールオッケー。

3. 味付けが分からない → オールインワンの調味料に頼る。
・アヒージョの素とウェイバァとだしの素があればどうにかなる気がしてきました。ウェイバァは逃げ恥で平匡さんが失敗していましたが(ビールで流し込むって今夜はブギーバックか・・・)、味見さえすれば。

・最初から味がついてる味付け肉と野菜を一緒に炒める。

・マリネ液があればレンジでチンしたキノコにかけるだけで一品に。

・最終的には「カレー」か「鍋(の素)」。

 

4. 食材が残るのが不安/短時間にできない → 諦めて週末に作り置き

キッチンに立つと息子が泣くので平日は心が折れがち。でも、食材が残っているとダメにしないか不安がたまる。。それで、平日は諦めて土日に夫に息子を見てもらって、その間に離乳食とともに何品か作る事にしました。

結果木金は食べるものがだんだん無くなり「とうふと納豆とクノールカップスープ」みたいな事もありますが。。

「たった10分でできる」系のレシピ、あれは「ただし習熟した後に限る」だと思います。。

5. 見た目が悪い → とりあえず緑の野菜を添える。

冷凍のきざみネギがあるだけで違うもんだなと、今更ながら。

 

6. お皿がリラックマばかり → そうでないのを買う。
夫がコンビニのクーポン集めればタダでもらえるお皿を沢山持ってて正直ちょっとな・・・だったのでちょっとずつ好きなお皿を買い集め。
f:id:tonarino_tororo_desu:20170314002154j:image

要約すると「技術に頼る」「見た目でごまかす演出」という事ですね。。

 

残る課題はこちらの2本立てです。

7. 属人化傾向

夫を育てるか、息子を育てる方が早いか。

8. 家族で朝食問題

今は、朝は夫が息子だけ食べさせて私はご飯に納豆をかっこむか会社の席でコンビニで買ったおにぎり食べる・・・みたいな生活(日経ウーマンには絶対いない・・・)ですが、そのうちちゃんと「朝食」をとるとなったら作り置きだけだと回らないしと今から悩ましいです。。

最後に、私の好きなお料理サイトをご紹介して締めくくりたいと思います。こちらのお料理はどれもすごいけど余計な女子力アピールはなく、彩りきれいでなおかついかに効率よくアレンジするかという要素もあって、さらにアカデミックで、読んでいて楽しいです。

harinezumi-recipe.hatenadiary.com

おやすみなさいです。

ファッション今昔

おはようございます。土日はまた息子と公園2時間コースでした。1歳児はなんでも周りの子の真似をしたがる。しかし周りの子と違って密着しないと怖いので、息子とともに階段を5階分上り、滑り台を何度も滑り…最初は恥ずかしかったけど慣れてしまった。

じっと手を見ると手荒れでガサガサ。昔は違った。。

妊娠前と復職後をファッションの観点で比べてみると。

ネイル:してた→全くしてない。
ピアス:たまにしてた→全くしてない。
服装:スカート中心・デパートで買った服(MKとかef-deとか)→パンツのみ・全身ユニクロ
靴:デパートで買った靴(elegance卑弥呼とか)→ABCマートで買ったNUOVO
化粧:デパートでゆっくり購入・3分/日程度→ネットで即決・所要時間変わらず。
髪:お手入れしなくていい髪型→変わらず。
バン:PCが重いのでリュック→変わらず。

後半あまり変わってないな。体重増えたとかお肌が・・・とかは置いといて。

保育園で体温測るときとかあぐらが一番楽だし、かがむ動作も多いので自然にパンツスタイル。ハナミズやヨダレがやってくるので高い服も敬遠。主にユニクロのカーディガン5枚・シャツ5枚あれば何の問題も無い事が分かってしまいました。。

靴は手を使わず履けてダッシュできるもの限定で、ストラップよさようなら。唯一手を使う必要があるのはレインブーツくらい?これは逆に昔は持ってなかった。

ネイルは以前はすごく好きで、仕事しかないような日々でもふとキーボードをたたく爪先を見て、気分があがっていました。伸びてくると音がしないようにだんだん手のひらで打つようになってた、というのはネイルあるある。

シェル(スクリプトではない)、フレンチ、逆フレンチ、マーブル、ツイード・・・いろんなアートをしてました。今やるとトータルでバランス悪いしそこまで頑張るモチベーションもなく。

かつての写真たちを眺めて懐かしむ・・・。
こうやって服のそで引っ張って撮ると、ないよりネイルがきれいに見える気がするという小技。

本棚

新しく本棚を買いました。
こういうあみだくじっぽいシンプルなのと迷いましたが、

こんな感じのに。

こちらにしたのは、
・テーマごとに分けて本を納めたかったので、一段の中で色々な高さのものを並べられるのがいいなと思ったから。
・ちょっとおしゃれな感じに気分が上がってしまったから。

ま、あみだくじタイプは既に持ってるのでうまく併用できればと考えています。

なぜ今回本棚を買ったかというと、母が実家の総片付けする事を決め「各々、必要なものを持っていけ!」と号令をかけたのがきっかけ。「私が死んじゃってからこの状態で残されちゃ、あんたたち困るでしょ」と。そう言われたら「う、うんありがとう」としか言えない。

大学出るまでのすべてを棚卸・・・濃すぎる。ダウンタウンの古い本とか照れる。9割がたは「ゴミ収集」へゴーにしましたが、卒業文集など残り1割の踏み切れないものを家に送ってもらってしまいました。。

で、これまでの手持ちでは収まらないし、これから星野源アイテムも増やしたいし で1棚買って、代わりに容量の小さい低い本棚は処分する事にしました。

苦労したのは本棚を売っている場所をなかなか見つけられなかったこと。

・最初に新宿のニトリに行くも、考えているような本棚はなし。
・新宿の大塚家具は高そうなので敬遠。色々あって変わってるだろうか。。
・10年前に渋谷のロフトで買った本棚がよくて今も愛用しているのでロフト行ったら、やはりもう本棚はなし。
・で、最終的に品川にある広いニトリに行き、やっと見つけました。

最初からなんでそうしなかったんだ・・・無駄無駄無駄。

ドラマ「サキ」に出てきたような壁一面本棚、とか憧れますね・・・。ま、入れるの半分漫画だしサキよりスネ夫君のマンガ図書館願望に近いか。

とりあえず、いい感じです。

追記

つらつら書いていましたが、色々情報を読むとあまり備えができていなかった・・・。
www.kantei.go.jp
sumakoko.com
慌てて必要な事をevernoteにメモしたけど、災害時にスマホの電池が切れる事も想定して一、二枚紙に必要な事をまとめておいた方がいいかも。(夫の電話番号とか、そういえば覚えてない。。)

ちなみに息子の保育園では緊急時用伝言板があります。たぶん震災の影響。

震災以降、よく、「寄り添う」という言葉が使われていますが自分にはなんとなく違和感がありました。
大切なものをなくした人にそんな簡単に寄り添えるとは思えない。自分がその立場だとして寄り添われたいかも想像できない。知らない人に、遠くから。
一方で、「教訓」としてだけ震災の事を考えるのもかなり違和感があります。

ただせめて、特に子どもが震災が無ければ得られたであろう教育を受けられない・・・という事が無いようにしたい、という思いはあり、とあるNPO団体に少しずつ毎月寄付しています(むろん自動引き落とし)。高須クリニックの院長やエガちゃんみたいな事はなかなかできないけれど。

息子が大きくなったら、迷惑でない範囲というかそういう語り部ツアー的なものに連れていきたいなと思います。

震災に限らずですが、自分で考えて感じて過去から学ばないと(震災はまだ過去という感じはしないけど、息子にとっては生まれる前の事なので)、物事を正しく理解できず誰かの扇情的で気持ちのいい言動に簡単に染まってまた同じ過ちをくりかえしたり、取り返しがつかない事になるような気がします。時々自分でも怖くなる事があります。

(こんどこそ以上です。。)

2011年3月11日の日記 - 4(終・少しだけ「蘇る変態」)

(続き)

2011年3月13日(日)の日記
・結局荒川以外の23区は停電区域に入るのだろうか・・・?人口が一番多そうな23区が一番情報が錯綜している。。
NHK生活情報部Twitterによると東電の会見では23区は荒川のみと言っていたそうだが、問い合わせ一覧には23区もきっちり入っている。なぜこんな肝心なところ(いや、どこも大事なんだけど)の情報をちゃんと伝えられていないんだろう。テレビも、情報量が多いからとか言わず、一個くらいひたすらそれを流してるチャンネルがあってもいいのに。
・一番緊張しているのはデータセンターの停電。多数のお客様の業務がほぼ停止してしまうので。自家発電装置があるとはいえ気がかり。
・明日はやはり通常出勤との事。食糧不安なので弁当作りのためスーパーへ。米が無かった・・・。卵も野菜も納豆も。そういうことなんだな・・・。とりあえずパスタでしのぐ。
・色々な映像を見て本当に胸が苦しくなる。最悪の状況に直面した人も怒らずに答えているけど怒れるような余地なんて無いんだろうな・・・。

2011年3月14日(月) 4時台の日記

計画停電の一覧、「毎日新聞」で把握することができた。会社・自宅とも対象外になっていた模様。どうであれ節電は心がけなければ。
・家で作業したい気もするが、業務内容的に出た方がいいかなと思う。それに一人で家にいるのが正直なんだか心細い。
・きっと明日は停電初日のためいろいろ混乱があると思われる。
・もろもろの作業がなんとか目処がたったのがただいま4:22. 明日というか今日は8:30出社(いつもより早く来るべしと)・・・仕方ない。
めざにゅーを見るとアナウンサーはこういうときなのでシックな服装。
こんなときでもそんなのが気になるものなのか。

2011年3月14日(月)21時台の日記
吉祥寺駅の会社に向かう人々の列の映像を見て、「この際休んじゃおう」ってならず、我慢して長い列を待ってでも行くのって何故なんだろうとふと思った。行かなかったら怒られるとかそういう事じゃなくて「行かなくてはならない」と皆思っているのだろう。

2011年3月16日(水)0時台の日記

・コンセント抜いてたら「美しい隣人」最終話取り損ねてた・・・放送すると思ってなかったや。
・できるだけ在宅勤務をという事になったので明日は在宅勤務予定。
放射能の件はよくわからない。
・自家発電装置のパワーはすごい。
・とにかく今はただサービスインに向けてなすべき事をなすのみ。

◇◇◇

今読み返すとなんだかトーンが今と違うなと感じましたがそれは緊急事態のせいか6年経って自分が変わったせいか。(あと、ほんとに仕事中心だったな…。)
今、こんな記事を掘り起こしてよかったのかという気もしてきました。ただ、自分的に将来の為に、先々思い出せるスイッチを置いておきたいという気持ちです。

最後に、星野源「蘇る変態」の「くだらないの中に」(震災当時の文章)の源さんの問いかけにも勝手に回答しつつ締めくくりたいと思います。

まだテレビでは報道されていますか。→はい。減ったしあんなにACの広告はもちろん流れていないけど。
放射能問題は解決しましたか。→いいえ。
あの震災以降の怒涛の一週間がいかに絶望的だったか覚えていますか。→今、思い出しました。

次の一文がとても大事なところなのですが、そこは気になるかたはぜひ本を手にとってくださいませ。私はこの項だけで信頼を感じはまってしまいました。

最後マガジンハウスの回し者みたいになりましたが、この項はこちらで終わりです。
ありがとうございます。

2011年3月11日の日記 - 3

(ここからは翌日の話ですが、このまま続けます。)
2011年3月12日(土)の日記
・母が気になり実家へ。元気だった。
・さらに昨日風邪引いてるところに家が大変な事になった先輩(女性)が気になり、先輩宅へ
・差し入れのためにおにぎりを探すがコンビニ3軒回って確保できたのは3個。けんちんうどんやグラタンが残ってたのでそれらを購入。あと佐藤のごはん、サンドイッチ、天使のチーズケーキ、アーモンドチョコ
・先輩宅着。10階以上あってエレベーターなし。ふう。
・先輩宅は本棚が壊れ、中身が床いっぱいにぶちまけられ大変な状態。
・本をどかして本棚を構成していた板を全部取り除き、跡地に本を置く事に。また崩れるのを防ぐため、数冊ごとひもでくくっては並べ、なんだか引越し手伝いのような状況
・2-3時間程で復旧!帰るときにはエレベーターも復旧していた。よかった。

・この地震で金曜予定していた作業(月曜期限)ができず。その他元々日曜やろうと思っていた作業もあり、全部日曜にやろうと思う。
・こんな時に自分が仕事をする事がどんなプラスになるんだろう?と一瞬思ったけど、ちゃんとやらないとお客様が困るのだからやらねば(地震に対しての効果は何も無いとしても)。というかそれしか無い。できることは。

・一方、会社よりメール。まだエレベーターは復旧していないが、月曜は基本全員出社体制との事。エレベーターが復旧していないので30分前には出社せよとの事。また、空調が動かないので防寒できる服装でとの事。ううう、それはちょっとなぁ・・・。
・基本リモートで何でもできるんだからこういうときはマストな人以外自宅で作業OKじゃあかんの?(私の場合は都合上今週は出社せざるを得ないけど)
・って思ったけど、要はお客様のシステムを預かっているのだからという事なんだろうと思われる。

2011年3月11日の日記 - 2

(続きです。今日は散歩行ってご飯食べてお昼寝中・・・)
◇◇◇
2011年3月11日の日記(続き)
・体調不良で自宅にいた先輩から「本棚が壊れた。冷蔵庫全部あいた。トイレ水漏れ。壁に穴があいた」とのメールと惨状の写真。。
・自分は色々悩んだが、明日は大事な人の結婚式で朝早いのでとにかく帰る事に。
・ダメ元でタクシー会社に電話してみたが、無論ダメだった。
・近所に住んでる後輩女性とともに、2-3時間かかる事を覚悟して会社を出発。夜景がこんなにきれいだったのか、と呑気なことを思ってしまった。

(※この時点でスマホの電池残量があまりなかったので、地図だけなんとかみられるようにとTwitter含めニュースの類は全く見なかった。この頃はLINEニュースも無かったし・・・。津波の事を知ったのは帰宅してから。)

・こんな時でもランニングしてる人がいた。(不謹慎的な事では全然なく、この事態でも日常を継続している事に驚いた。)
・約一時間強で有楽町付近に。道中は歩いている人が多かったが、あまり地震があったような雰囲気が無い。銀座界隈もいつもとあまり変わらなく見えるところが多し。ただし道路は大渋滞。

・疲れたので後輩さんとともに付近のお店に入る事に。有楽町駅付近のお店はガスが止まったというところもあり。イトシアは店じまい早く入れず。
吉野家になぜか長蛇の列。駅周辺の店は混んでいるところが多数。
・ちょっと離れたらコージコーナーがあいていたので入る。あったかい飲み物が身に染みた。

・銀座線・半蔵門の一部が復旧したとのことで銀座線へ向かう → 激混みのためまた運転中止に。
・千代田線や南北線も一部復旧とのことで、千代田線の日比谷に向けて歩き出す。
・そうこうしているうちにその途中で有楽町線が復旧したとのアナウンス→ 有楽町線へ。会社で待ってるのと変わらんかったといえば変わらんか。

・部屋の中はどんなに荒れている事か・・・と覚悟しながら帰宅。
が、本とCDが一部崩れていた以外TVも炊飯器も何かもが無事。低層だからと思われる。
・TVをつけて事態を始めて知り、驚愕する。
・明日は大事な人の結婚式予定だったが延期の方向との連絡あり。残念だ・・・だが、本人達も来客もそんな気分になれないだろうし仕方が無いと思う。